女性

滞在期間に合わせて柔軟な対応ができるマンスリーマンション

木の模型

1か月以上、住所地の他の場所に滞在する必要に迫られた場合、マンスリーマンションを利用すると、とても便利です。滞在期間が決まっている場合は勿論のこと、いつまでいることになるか分からないという状況の時にも、マンスリーマンションであれば、柔軟な利用の仕方が出来る点が大きなメリットです。
滞在期間がハッキリしない場合とは、例えば、家族のどなたかが病気で、地元外の病院に長期入院した場合が考えられます。その病院がある地域に永住するわけではないので、引っ越しの必要はないものの、経過を見ながら退院時期を決める場合や、一度退院してもすぐに再び入院する可能性がある場合など、いつになれば地元に戻れるかハッキリしないでしょう。そんな場合は、1か月単位で借りられて、家具類も揃っているマンスリーマンションなら、ホテルと違って普通の暮らしができて、ストレスも少ないはずです。
ただ、当面の契約期間を超えて、滞在を延長する場合の手続については、不動産業者へ相談の上、詳細を事前にしっかり確認しておきましょう。この点は、業者によってルールが異なり、手続きのタイミングを逃すと、延長できず、退去しなければならなくなる可能性もあるからです。

TOP